【SEO基礎】メタディスクリプションの付け方

ヘッダ画像:知識

メタディスクリプションは、その記事の「概要」をユーザーに説明するもので、記事タイトルと共に 以下の場所に表示されます。

  • Googleの「検索結果」一覧
  • 自身のブログの「記事一覧」ページ
  • 記事が「SNS」でシェアされた際のOGP など
サイトの「トラフィック」に大きく関わる

メタディスクリプションの内容が、SEOに直接 影響を与えることはありません。

しかし、検索ユーザは「記事タイトル + メタデスクリプション」を見て、訪問するサイトや記事を判断するため、トラフィックの増減に大きく関わる要素となっています。

管理人より
例えば「あるキーワードで検索上位に表示されているのに流入数が少ない」といった場合、「記事タイトル + デスクリプション」の修正が有効です

「メタディスクリプション」作成のコツ

メタディスクリプション:表示例

「記事タイトル」と「メタディスクリプション」は、一緒に表示されることが多いため、両者はセットで考えましょう。

文字数の目安
  • 記事タイトル:30~35字が目安(参考:記事タイトルの付け方
  • ディスクリプション:50~100字が目安。※記事タイトルで説明できなかった概要を補足する

SNSでシェアされた場合、ディスクリプションの表示は多くても最初の25文字ぐらいになる。そのため その範囲にユーザの興味を引くような内容を置くと良い。

メタディスクリプション:ルール
  • 単語の羅列ではなく 自然な文章になるように書く
  • 各ページに固有のメタディスクリプションを付ける(使いまわしをしない)
  • ユーザーに対して 記事を読むことで得られる恩恵を提示する
  • キーワードを先頭に入れるようにする(同一キーワードは最大でも2回まで)
  • タイトルに入れられなかったキーワードを入れる
  • 記事タイトルをそのまま入れ込まない

ディスクリプション:避けるべき内容

Googleが公開している「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」では、ディスクリプションの避けるべき内容として、以下を紹介している。

  • ページの内容と関連のない description メタタグを記述する。
  • 「これはウェブページです」や「野球カードについてのページ」のような一般的な説明を使用する。
  • キーワードだけを羅列する。
  • サイトのドキュメントの内容をそのまま description メタタグにコピー&ペーストする。
  • サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つの description メタタグを使用する。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください