【SEO基礎】記事タイトルの付け方

ヘッダ画像:知識

記事タイトルのつけ方に関して、基本的な情報をまとめています。

記事タイトル:ルール

  1. タイトルの文字数は「30~35文字」程度に収まるようにする
  2. 重要なキーワードは できるだけタイトルの先頭(=左側)に持ってくる
  3. 狙うキーワードは1記事につき1つに絞る

記事タイトル:考え方

上位表示させたいキーワードは必ず入れ込む

まず、記事ごとに上位表示させたいキーワードを設定する(=キーワードマッピング)。そして、そのキーワードをタイトル内に入れ込む

検索ユーザの属性に刺さるタイトルにする

まず、選定したキーワードで検索を行い、その検索結果から、ターゲット(ユーザの属性)を類推する。そして、そのターゲットに刺さるタイトルを考える。

ユーザーのニーズ(検索意図)を類推する

ユーザーのニーズ(検索意図)は大きく以下の4つに分類される。

  • 【Do】~したい:具体的なアクションに結び付くもの。ダウンロードする、会員登録する、資料請求する に繋がるクエリ
  • 【Know】知りたい:情報を知りたい、問題を解決したいに繋がるクエリ。検索の8~9割はKnowクエリだといわれている
  • 【Go】行きたい:「特定のサイトに行きたい」ときのクエリ。例えば「Youtube」と検索する人は、Youtubeのサイトに行きたがっている
  • 【Buy】買いたい:Doの一部で、特に購買に特化したもの。

参考記事Do・Know・Go・Buyクエリとは?検索クエリの違いと意味を分かりやすく解説|ミエルカチャンネル

「記事タイトル」と「見出し」を区別する

記事タイトルは「検索結果向け(そのページを外から見た人向けにわかりやすく)」、記事内のHx(見出し)は「閲覧者向け」に書く。

クリック率をアップさせるポイント

検索ユーザが得られる恩恵を明確にする

タイトルとディスクリプションを見ただけで、ユーザ側が得られる恩恵(この記事を読むことで何が得られるのか)を明確にする必要がある。

例:〇〇を通常価格より3万円安く買う方法

定量的な事実とターゲット情報を入れ込む

あいまいな表現ではなく具体的な数値・事実を入れる。また、誰に向けて書かれたものか明確にする。

例:すぐにできる!→ 5分でできる!、 独身男性のための~ など

競合サイトのタイトルと比較し 魅力があるか比べてみる

競合サイトとタイトルが被らないようにする(ユーザが選択しやすいようにする)。上位表示されている競合サイトから 使えそうなワードを学習する。

【テクニック】ポジティブワードを入れ込む

例:簡単~、初めての ~、初心者必見 ~、猿でもわかる ~、学校では教えてくれない ~、今更聞けない ~ など

【テクニック】ネガティブワードを入れ込む

例:知らなきゃ危険、知らなきゃ損する、やってはいけない~、失敗する~

【テクニック】「地域名」を入れ込む

例:「都道府県名+○○」「市町村名+○○」「駅名+○○」「路線名+○○」

【テクニック】問題解決・解説系ワードを入れ込む

例「○○とは」「○○の理由を徹底解説」「○○する方法」「○○の選び方」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください