【青色申告】キャッシュレス・ポイント還元事業で還元されたお金の仕訳

ヘッダ画像:やよいの青色申告

2019年10月1日~2020年6月30日まで「キャッシュレス・ポイント還元事業」が行われていました。

これは「事業対象の店舗において、登録されたキャッシュレス決済で支払いを行うと、最大で5%のポイント還元が受けられる」というもの。

すでに事業自体は終了していますが、2021年3月の確定申告分に関係してくるため、ここで仕訳方法などをメモしておきます。

この記事の事例

この記事では、私の事例をもとに「キャッシュレス・ポイント還元事業」還元されたポイントの処理をみていきます。

  • 事業用のクレジットカードを使って「消耗品」を購入した。
  • 後日「キャッシュレス・ポイント還元事業」によって 880円が 還元(返金)された

私の場合、2019年11月の利用代金の明細一覧に「消費者還元分」として「-880円」が記載されており、後日、これを差し引いた額面が 引き落としになりました。

キャッシュレス還元

以下で、仕訳方法をみていきましょう。

注意

私は税務の専門家ではありません。当記事はあくまで自分用のメモとして控えているものなので、内容に関しては各自の責任においてご参照ください。

「買掛時」の仕訳

カードで支払いを行った際の取引に関しては、通常の「売掛」として仕訳処理を行います。ここまでは普通です。

キャッシュレスポイント仕訳1

・取引日:※カード使用日
・科目:※対応するもの
・取引手段:クレジットカード(事業用)
・摘要:※任意
・取引先:※任意
・金額:※利用金額

「引き落とし時」の仕訳

引き落とし時の仕訳で「消費者還元」分の処理を行います。画面左のメインメニュー「仕訳の入力」を使用して、以下のように入力を行います。

キャッシュレスポイント仕訳2

1行目
・借方 勘定科目:「クレジットカード」
・借方 補助科目:「JCB(事業用)」など
・借方 金額:※引き落とし額 + 還元額

・貸方 勘定科目:「普通預金」
・貸方 補助科目:「みずほ銀行(事業用)」など
・貸方 金額:※実際の引き落とし額

2行目
・貸方 勘定科目:雑収入
・貸方 金額:※還元額

・取引日:引き落とし日
・摘要:※任意

上記のように入力すると、クレジットカード利用分引き落とし時に、キャッシュレス消費者還元を受けたときの仕訳が完了します。

まとめ

キャッシュレス・ポイント還元事業で還元されたお金の仕訳方法と記載例でした。

帳簿作成は「やよいの青色申告」がおすすめ!

私ナバカリも使用している「やよいの青色申告オンライン」は、仕訳方法の質問もできるので青色申告初心者におすすめ!。

【注意】 仕訳方法などのサポートが受けられるのは「トータルプラン」のみなので注意! トータルプランは有料になりますが、サポートが手厚いので断然おすすめです。

関連する記事

ほかにも青色申告に関する記事を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください