afbの確定申告:確定報酬の確認方法と記帳例【2020年版】

こんにちは、副業アフィリエイターのナバカリです。

確定申告用の備忘録として、私が登録しているASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の報酬額や手数料の確認方法と、帳簿への仕訳例(記載例)をまとめています(記事一覧はコチラ)。

今回は「afb(旧:アフィリエイトB)」編です。

注意

当記事は自分用の備忘録として作成しているものです。管理人は税務の専門家ではありませんので、内容を参考にする場合は自己責任でお願いいたします。

afbの基本情報

まず「afb(アフィリエイトB)」に関して 確定申告で必要となる基本情報を確認しておきます。

管理人より
※1:報酬の仕訳は 本来であれば 各案件が確定する度に行うべきですが 煩雑になりがちです。そこで 私は毎月「末日」を〆日として、1ヶ月分の「確定報酬額」の合計を売上として仕訳しています。

「成果報酬(月別)」の確認方法

afb公式ページにログイン後、メニューから「お支払い履歴」を選択。

続いてレポート期間として「申告の対象の年の2月から 翌年の1月まで」の期間を入力して「レポートを表示する」ボタンをクリック(下図は2019年の確定申告用の表示例)。

MEMO

レポート期間の設定が 変則的になっているのは、このレポートが「支払い日」を基準に表示されるためです。このようにレポート期間を設定することで 申告の対象年 1~12月までの「確定日」を基準とした情報を取得することができます。

対象期間の報酬金額が一覧表示されますので、「支払金額(税込)」列の額面を収入として記帳します。

afb:2019年

取引日は「入金があった日」ではなく「対象月の末日」の日付になる点に注意しましょう。例えば 上図のケースで「2019年4月分の報酬」は「取引日:2019年4月30日/金額:11,091円」として記載します。

また、この画面を印刷し資料として保存します(※申告時に提出はしないが資料として保管)。

仕訳例(白色申告の場合)

それでは、簡単操作で初心者にもおすすめな会計アプリ「やよいの白色申告オンライン」を使った仕訳例を紹介していきましょう。

「収入」の記帳

afib_005

・取引日:※報酬確定月の末日
・科目:雑収入
・摘要:※自分で分かる形で記載(afb報酬x月分など)
・取引先:株式会社フォーイット
・金額:※確定額を記載

管理人より
afbでは振込時に手数料が発生しないので「支出」にあたる仕訳はありません

まとめ

というわけで、afb(アフィリエイトB)で確定申告時に必要な「確定報酬」の情報を確認する方法と、実際の記帳例の紹介でした。

帳簿作成は「やよいの白色申告」がおすすめ!

やよいの白色申告オンライン」は クラウド上で白色申告の記帳作業ができる便利サービス。

操作が簡単なので初心者の私でもすぐに使えるようになりました。完全無料の「フリープラン」もありますが、申告作業が不安な方には、記帳に関する質問も可能な「トータルプラン(初年度7,000円/年)」がおすすめです。

関連する記事

他にもアフィリエイター向けの確定申告関連記事を作成しています。

確定申告時に必要な各ASPの住所と運営会社名をまとめた記事を作成しています。

主要ASPの確定報酬額・振込手数料の確認方法と、帳簿への記帳例を記事にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください